ハラスメントトピックス

パワハラ防止法成立

2019年5月29日、職場におけるパワハラ防止措置を企業に義務付ける「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法律」が成立しました。
この法律により、「労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律」の一部改正が行われました。

改正法はパワハラを「職場において行われる優越的な関係を背景とした言動であって、業務上必要かつ相当な範囲を超えたものによりその雇用する労働者の就業環境が害されること」と定義した上で、「当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない。」としています。

具体的な防止措置に関しては、別途指針で定めるとされており、今後決定されます。

厚生労働省の改善措置に応じなければ、厚生労働省が企業名を公表する場合もあるとのことです。