三菱電機、年330件のパワハラ相談 214件解決、8件で懲戒処分(2021年11月10日 朝日新聞)

三菱電機、年330件のパワハラ相談 214件解決、8件で懲戒処分(2021年11月10日 朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASPCB6DC2PCBULFA00Y.html

三菱電機グループ内のパワハラ実態を、労働組合の「電機・情報ユニオン」が明らかにしました。
三菱電機では、2019年に20代の男性社員が自殺し、2021年に労災認定されています。

記事によりますと、以下のような内容とのことです。

  • 2020年度のパワハラ被害相談は330件
  • うち8件でパワハラが認定され、加害者側の社員が懲戒処分になった
  • 三菱電機で111件、関連会社で219件
  • 三菱電機の人事部門がうち238件を調べ、2021年3月時点で214件は解決とした

懲戒処分になった事案

  • 上司が部下を1時間以上立たせたまま大声で威圧するように説教した
    • 「この数カ月、お前のアウトプットはゼロだ」
    • 「7時間もかかったのか。自分なら15分で終わる。お前はバイトか」等

関連記事