健康経営・メンタルヘルス労災・安全衛生対策

コロナ禍の建設現場の熱中症対策

建設業 建設現場 熱中症対策

今年も熱中症の季節が到来しました。
新型コロナ対策は引き続き必要です。

厚生労働省は、コロナ禍の熱中症対策として以下のように注意喚起しています。

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

  • 夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。このため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。※屋内運動施設での運動は、新型コロナウイルス感染症のクラスター(集団感染)のリスクが高いことから、お住まいの自治体の情報に従いましょう。
  • マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心掛けるようにしましょう。また、周囲の人との距離を十分に取れる場所で、適宜、マスクをはずして休憩することも必要です。
  • 新型コロナウイルス感染症を予防するためには、冷房時でも換気扇や窓開放によって換気を確保する必要があります。この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためにエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。
  • 日頃の体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも有効です。体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。
  • 3密(密集、密接、密閉)を避けつつも、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障害者への目配り、声掛けをするようにしましょう。

従来からの熱中症予防行動の徹底

暑さを避けましょう。

  • 室内の温度・湿度をこまめに確認し、適切に管理しましょう。
  • 外出時は天気予報や「暑さ指数(WBGT)」を参考に、暑い日や時間帯を避け、無理のない範囲で活動しましょう(WBGT は環境省ウェブサイトで提供:ttps://www.wbgt.env.go.jp/)。
  • 涼しい服装を心掛け、外に出る際は日傘や帽子を活用しましょう。
  • 少しでも体調に異変を感じたら、涼しい場所に移動し水分を補給してください(急に暑くなった日や、久しぶりに暑い環境で身体を動かす際には特に注意が必要です。)。

こまめに水分補給をしましょう。

  • のどが渇く前に、こまめに水分補給をしましょう(一般的に、食事以外に1日当たり 1.2Lの水分の摂取が目安とされています。)。
  • 激しい運動、作業を行ったとき、多くの汗をかいたときは塩分も補給しましょう。

暑さに備えた体作りをしましょう。

  • 暑くなり始めの時期から適度に運動(「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で、毎日30分程度)を心掛け、身体が暑さに慣れるようにしましょう(暑熱順化)(※ただし、その際は水分補給を忘れずに、無理のない範囲で実施してください。)。

※特に、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障害者の方々は、より注意する必要があります。周囲の方からも積極的な声掛けをお願いします。

朝礼時・現場巡回時における作業員への声かけ

熱中症への注意喚起

当日の気象予報(天気・温度・湿度)を発表し、特に気温や湿度の上昇が予測される日には、休憩や水分補給の回数を増やすように指示・注意喚起

ミスト扇風機等を設置し、涼しい環境での朝礼

朝礼時における健康状態の把握

  • 体温計による体温確認
  • 対人で行う健康状態確認

以上、【厚生労働省資料】「令和2年度の熱中症予防行動について(周知依頼)」より抜粋
https://www.mhlw.go.jp/content/000633494.pdf

建設業の熱中症対策

国土交通省は、建設現場における熱中症対策を呼びかけています。

快適な現場休憩施設及び熱中症対策用品の設置

冷房を完備した休憩所の設置

  • 休憩所に遮光ネットを用いた日除けテントの設置
  • 休憩所内での冷房機器、ミストシャワー付き扇風機等の設置

熱中症対策用品の設置

  • スポットクーラ-の設置
  • 休憩所内にスポーツドリンク、経口補水液、塩飴、梅干し等の設置

体に快適な作業環境

作業に快適な服装及び装備

  • 通気性の良いメッシュタイプのジャケットの着用
  • 日除け付ヘルメットを着用するほか、後部に日避けのたれ布を取り付け輻射熱を遮る
  • フルハーネス着用でも大丈夫なファン付き空調エアコン作業服の着用

作業時間の短縮

  • 作業の休止時間・休憩時間の確保
  • 高温多湿作業場所での連続作業時間の短縮

暑さ指数WBGT値の測定

IoT機器を活用した健康・危機管理

ウェアラブルデバイスを利用した健康・危機管理

ウェアラブルデバイス※を手首等に装着し、温湿度などの周囲の環境を測定して熱中症などの危険状態を察知し、現場責任者などへ通知。労働災害が発生した場合も、発見・対応までの時間が短縮できる。位置情報はGPSによる。

  • 温度・湿度
  • 気圧
  • 脈拍
  • 身体の動き・体勢

※ウェアラブルデバイスとは、腕や頭部など身体に装着して利用する端末のこと。

以上、【国土交通省資料】「STOP!熱中症 熱中症になる前に対策を!」より抜粋
https://www.mlit.go.jp/common/001292278.pdf