若者の飲酒習慣は?忘年会シーズンを迎えて

この記事を読むのに要する時間: < 1 minute

「3年ぶりの忘年会」というワードが飛び交う今年の12月。
しかし実際には、6割以上の企業が今年も忘年会を見合わせています。
さらに、新型コロナ第8波と物価高騰が水を差します。

それに加えて、「若者のお酒離れ」も指摘されています。

若者のお酒離れ

厚生労働省の調査では、「生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している者の割合」を70代以下の世代別で見ますと、20代が最も低くなっています。

厚生労働省『令和元年「国民健康・栄養調査」』
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_14156.html

朝日新聞のアンケート調査

朝日新聞が2022年11月24日-2022年12月8日に実施したアンケート調査では、
「飲みニケーション」について、コロナ禍の前と今とで考え方は変わりましたか?」という問いには、半数以上が「以前より不要だと思うようになった」と回答しています。
その理由で多かったのは、
「お酒がなくてもコミュニケーションに困らなかったから不要」(24.5%)
「目上の人や親しくない人に気遣いしなくてよいから不要」(21.4%)でした。

一方で、「飲みニケーションは必要」と回答した人たちは、「人柄や考え方をお互いに知り、コミュニケーションをより深めるために必要」というのが最多でした。

朝日新聞『「飲みニケーション」まだ必要?』
https://www.asahi.com/opinion/forum/167/

メリット<デメリット

飲酒により「コミュニケーションが深まる」「楽しくなる」「盛り上がる」というメリットと、「健康を害する」「お金がかかる」「失敗を犯す」というデメリットを比較して、デメリットの方が大きいと捉える若者が多いようです。

当社が20代の方々に聞き取りを行ってみたところ、「飲まなくてもコミュニケーションはとれる」「飲んだところで気分は変わらないのになぜわざわざ・・・」「飲まなきゃ本音で語れないなら、語らなければいい」「親睦会はいいけれども、アルコールは必要ない」などの、厳しいというか的を射ている意見が聞かれました。
確かに、一理あります。

飲酒のメリット・デメリット

飲みニケーションはどうすれば?

「自分の若い頃は飲みニケーションで先輩や上司と交流を深めたものだ」と言う上司たちは、今後も宴会で親睦を深めたいと願っているようですが・・・
「飲みニケーション」は今後、どうすればよいのでしょうか。

例えば下表のような工夫を、試してみてはいかがでしょうか。

飲みニケーション

仕事場とは違う環境で、違う時間に、違う会話をすることで、素顔が見えたり本音が見えたりして、それが関係性を解かしたり深めたりすることは確かにあり、飲みニケーションには一定の効果があることは否めません。
しかし、それ故にセクハラやパワハラが発生するリスクも高まり、本音を語り合ったところで翌日には上司側が覚えていなかったり、不都合なところだけ根に持たれたりという、デメリットがもしも顔を出した場合は、デメリットによる損失があまりに大きくなります。

だから、上表のようなルールが必要です。
そもそも、飲みニケーションがなくても、円滑なコミュニケーションが図られる組織づくりが重要と考えます。