【ダウンロード】トップメッセージ〜ハラスメント撲滅宣言(ハラスメント防止文書例)

この記事を読むのに要する時間: < 1 minute

トップメッセージの意義

ハラスメント防止対策や、働き方改革、その他どのような人事労務上の対策を始めるとしても、まずは経営トップ(以下、「社長」とします。)が、取組を宣言し、本気の姿勢を見せるステップが不可欠です。
有志がふわふわっと始めるのではなく、公式の組織的な取組であることを示し、現場が「社長が本気なんだ」と感じ取ることで、意識が高まり、協力を得やすくなります。
社長には、絶対的な存在感があるものです。

宣言の内容

職場におけるパワーハラスメント、セクシュアルハラスメント及びマタニティハラスメントを禁止する方針を、社長の署名付きで宣言します。

  • ハラスメントを許さない・禁止する旨の宣言
  • どのような行為を禁止するのか
  • ハラスメントを撲滅するために会社としてどのような対策に取り組むのか

などの内容を盛り込みます。

長文や、感動的な文章である必要はありません。
詳細は規程や社内報で周知しますので、宣言では、端的に、誰が読んでも理解できるようなわかりやすい内容でダイレクトに訴えることがポイントです。

周知方法

確実に全従業員に伝わる方法で(非正規社員を含む)で、(1)口頭で(2)文章で、の二つの手段をセットで利用します。

  • 全員参加の会議やイベント、安全大会などの場で口頭で
  • 印刷物を配布して
  • イントラネットや社内メールなどデジタルツールで
  • ホームページやSNSなどを利用し社外にも

誰に対して周知するのか

  • パートタイマー、契約社員、派遣社員等の非正規社員を含む社内全従業員を対象とする
  • 社外にもPRの一環として周知する

当社のサポート

当社は、経営者様から丁寧にヒアリングを行った上で、基本方針とトップメッセージの策定に的確なご提案をいたします。

パワハラ・セクハラ等ハラスメントを禁止する旨の基本方針を定め、宣言する

宣言見本ダウンロード

【ダウンロード】ハラスメント撲滅宣言(ハラスメント防止文書例)

本コンテンツは見本です。貴社の方針や実態等に即した内容に修正してご活用ください。

A4版
Microsoft Word
全3ページ

(出典)厚生労働省による文書例(当社編集)