講演・研修

【新型コロナウイルス感染防止策のお願い】
講演や研修をご依頼いただく際には、以下の通り感染拡大防止策を講じてください。
対策を講じていただくことが難しい場合には、ご依頼をお控えいただきますようお願い申し上げます。

  • 可能な限りウェブ(オンライン)での実施をご検討ください。
  • 講師と聴講者様の間隔、聴講者様同士の間隔を十分に確保し、密集しないようご配慮ください。
  • 会場は常時窓を開放し、または代替措置により、十分な換気を行ってください。
  • 聴講者様へ、マスク(※)のご着用等感染防止策へのご協力徹底をお願いいたします。
  • 開催時期に感染拡大が懸念される際には、速やかに、中止、延期、またはウェブによる開催をご検討ください。
  • その他、政府や自治体、専門家が発出する注意事項を遵守し、感染防止策を徹底してください。
  • 講師が新型コロナウイルスに感染した場合、風邪症状や体調不良が見られる場合は、登壇を自粛いたします。その際には、中止、延期等のご対応をお願いいたします。

※ マスクは、フェイスシールドやマウスシールドではなく、お口とお鼻を覆う不織布や布製の一般的なマスクをご着用ください。

当社から参加者様へ直接ウェブ配信が可能です!

ご依頼について

過去の講演テーマ一例

ハラスメント(パワハラ・セクハラ・マタハラ)防止研修

一般企業の社内研修、自治体職員様対象研修など実績多数。
それぞれ管理職向け、一般職員向けと、属性を分けご依頼いただくことが多いです。
パワハラやセクハラの定義や行為例、加害者にならないための心がけ、被害に遭ったときの対処法及び社内相談窓口の利用方法、パワハラと教育的指導との境界線、パワハラと言われない部下育成法など、広く深くご紹介しています。

人材確保・育成・定着セミナー

企業の経営者・人事担当者様や地域の支援機関指導担当者向けセミナーにて、人材確保をテーマに毎年多数の講演を行っています。
特に、建設業及び設計業の業界団体様や道庁建設部様などからご依頼をいただき、人材不足が深刻な建設産業における担い手確保講演はご好評をいただいています。

新しい働き方とは?ウイズコロナの働き方改革セミナー

新型コロナウイルスとの共存が始まります。感染防止と事業継続を両立させる「新しい働き方withコロナ」について、業務改善やテレワーク導入、BCP等に触れながらご提案いたします。

緊急事態(新型コロナ・地震・台風・他自然災害)への対応・BCPセミナー

経営者、人事担当者、従業員等に向け、BCPの必要性、BCPの構成内容、訓練の必要性、従業員それぞれが心がけておくべきことなどを、対象者に合わせて解説します。
年々増える災害及び感染症、そして年々増すBCPの必要性・・・今最も注目度の高いテーマです。

新任管理職向け研修

尊敬され信頼される上司としてあるべき姿を自覚し責任ある言動を心がけることを啓発する研修を行います。
また、パワハラと教育的指導の違いを知っていただき、パワハラと言われることを過度に恐れず、必要な指導を適切に実施することを促します。
「イマドキ社員」が何を嫌い、どうすれば自発的に考え行動し成長してくれるか、育てるコツを伝授します。

新入社員研修

よくある社会人マナー研修だけでなく、社内や顧客から好感を持たれる仕事のふるまい、自発的に考え行動し必要とされる人材になる仕事術などをご紹介する研修を得意としています。

大学生・高校生向けワークルールセミナー

大学生や高校生、高専生など、これから社会に出て働く若者たちが、社会の荒波に飲み込まれ心身の健康や財産、尊厳などを奪われてしまわないように―――企業や社会の実態、ハラスメントや過重労働などで悩んだときの対処法、働く上での法律的なルール、マナーとしてのルールなどを学ぶ機会が必要です。あらかじめ知識とイメージを持っておくことで、心の準備ができ、自衛策になります。皆様の大切な学生様たちが、卒業後も明るい未来を歩んでいけるように、学生のうちから労働に関する教育がなされることが望ましいと考えます。当社代表の新田は、大学生向け働くルールセミナーや教職員向けハラスメント防止研修などの実績を有しています。

その他のテーマ

  • ハラスメント相談担当者トレーニング
  • 採用面接官トレーニング

講演実績例

講演時間の目安

  • イベントの一部の場合:60分程度
  • 単独講演の場合:90分~180分程度

研修形式

座学はもちろんのこと、特に120分を超える長時間になる場合はグループワーク・グループディスカッションを取り入れ、受講者様の飽きと疲労を軽減する工夫をしています。

講師側の形式

  • 単独講演
  • 二部~構成(複数の講師持ち回り)
  • 対談(講師同士のディスカッション)

受講者側の形式

  • 座学
  • グループディスカッション

ご準備いただきたいもの

以下の設備を、ご依頼主様にてお手配願います。 ご準備不可能なものにつきましては、事前にご相談ください。

  • ノートPC(スライドデータを入れて)
  • プロジェクター
  • スクリーン
  • マイク
  • 資料印刷物

※当日は、ノートPCにスライドデータを入れ、プロジェクターからスクリーンに映し出すところまでご準備ください。
※講演中のページ送りは、講師にて操作いたします。
※レジュメ資料を人数分印刷し、参加者様に当日配布してください。
※許可なく録音・録画等なさることはご遠慮ください。

参加者様の声

  • 例えば札幌で聴講してくださった方が、地元でも話して欲しいとご依頼くださったり、一度聴講してくださった社長が自社の社員様や他社様に推薦してくださったりと、ご縁が広がっています。
  • 「若手社員とのコミュニケーションでいつもモヤモヤしていたが話を聞いて腑に落ちた」「こういう内容なら複数の社員で参加すれば良かった」など、ご好評をいただいております。
  • よくいただくご感想が、「全然眠くならなかった」「何時間でも聞いていられる」というお声です。日頃何時間もじっと座ってお話をお聞きになる機会の少ない世代の方々でも退屈なさらない話し方や内容を心がけています。

講師について

photo
新田 和代 株式会社ケンズプロ代表取締役/社会保険労務士/行政書士。2007年、社会保険労務士・行政書士事務所開設。「人を真ん中に経営を考える」を理念とし、雇用・労務危機管理の専門家として、ハラスメント予防・解消(パワハラ・セクハラ等)、長時間労働対策・業務改善、新入社員・新任管理職教育等の分野に多く携わり、コンサルティング及び講演・研修を全道で行っています。ご依頼主様は、民間企業はもちろんのこと、国や地方自治体、商工会・商工会議所等多岐に渡ります。

講演実績例

講師料について

※できる限りご予算を最優先にお見積りいたします。お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
※派遣する講師により料金が異なります。

~60分
50,000円~(+消費税)
60分超~90分
75,000円~(+消費税)
90分超~120分
100,000円~(+消費税)
120分超~
応相談

▼別途、旅費交通費及び日当をご負担いただきます。

交通費
  • JRの場合:乗車券+指定席券代
  • 遠方の場合:+航空券代
  • その他:地下鉄代・タクシー代
宿泊費
実費
日当/半日当
  • 講演時間を除き、往復移動時間や待機時間が4時間を超える場合:半日当5,000円(+消費税)
  • 宿泊を伴う場合:宿泊当日は一日につき日当10,000円(+消費税)/帰日は半日当5,000円(+消費税)

講師派遣依頼に関する規約

  • 講師が作成する資料の著作権は、本業務実施後、又は本契約を解除した場合についても、講師に帰属します。
  • 依頼者様は、講師の同意なく本業務の内容について録画、録音することはできません。
  • 依頼者様は、本契約締結後(講師派遣依頼書を提出した後)に契約の一部又は全部を解除した場合においては、以下の通り委託金額の一部又は全部、及び既に当社が負担している各種費用(旅費交通費等)の全額を当社に対し支払うものとします。
    ・本業務実施日の10日前までに解除した場合 ・・・委託金額の20%
    ・本契約実施日の3日前までに解除した場合・・・委託金額の50%
    ・本契約実施日の前々日~当日に解除した場合 ・・・委託金額の100%
  • 当社は、当社の都合により本契約締結後に契約の一部又は全部を解除した場合においては、別途協議の上、既に依頼者様が負担している本業務実施に係る準備費用の一部又は全部を負担するものとします。
  • 暴風、豪雨、洪水、高潮、地震、地すべり、落盤、火災、戦乱、内乱、クーデター、テロ、侵略、暴動、ストライキ、政府による決定その他自然的又は人為的な事象であって、依頼者様、当社双方の責に帰すべからざるもの(以下「天災その他の不可抗力」という。)により、依頼者様、当社いずれかによる履行が遅延又は妨げられる場合、当事者は、その事実の発生後遅滞なくその状況を本契約の相手方に通知し、速やかに事実を確認し、その後の必要な措置について協議し定めることとします。また、天災その他の不可抗力により生じた履行の遅延又は不履行は、本契約上の義務の不履行又は契約違反とはみなさないものとします。