量質ともに十分な睡眠を取るために個人が心がけるべきこと

この記事を読むのに要する時間: < 1 minute

『ハーバード・ビジネス・レビュー2019年7月号』記事「リーダーの睡眠は組織の業績を左右する」(ワシントン大学フォスタースクール・オブ・ビジネス准教授クリストファー M.バーンズ氏著/飯野由美子氏訳)で、クリストファーM.バーンズ准教授は、リーダーたちに、次のことを提言しています。

  • 就寝と起床の時間を常に守る
  • 就寝7時間前からカフェインの摂取を控える
  • 就寝3時間前からアルコールの摂取を控える
  • 就寝3〜4時間前からニコチンの摂取を控える
  • エクササイズを行う
  • 就寝直前のエクササイズは避ける
  • リラクゼーションとマインドフルネスの瞑想を行う
  • 午後9時以降はスマートフォンの使用をやめる
  • ブルーライトカット・メガネを使う
  • 昼寝(パワーナップ)やシエスタを組み込む
  • 睡眠追跡装置やアプリを過信しない
  • 睡眠障害の治療を受ける
  • 部下たちに適切な睡眠行動を促す

多くの研究で、生活習慣が睡眠に影響することもわかっています。
生活習慣病が睡眠不足を招き師を招く2

現代人の睡眠不足は、現代のライフスタイル要因と関連しているため、その要因を断ち切ることが重要です。

睡眠不足解消のため個人でできる心がけ

以上をまとめますと、私たちが適切な睡眠を確保するためには、以下を心がけるべき、となります。

  • 就寝と起床の時間を常に守る
  • 就寝7時間前からカフェインの摂取を控える
  • 就寝3時間前からアルコールの摂取を控える、できれば酒を断つ
  • 就寝3〜4時間前からニコチンの摂取を控える、できれば禁煙する
  • エクササイズを行う
  • 就寝直前のエクササイズは避ける
  • 適正な体重・体型を維持する
  • 甘い食べ物・飲み物や塩分、刺激物の過剰摂取を控える
  • リラクゼーションとマインドフルネスの瞑想を行う
  • ストレス解消になることをする
  • 午後9時以降はスマートフォンの使用を控える
  • ブルーライトカット・メガネを使う
  • 昼寝(パワーナップ)やシエスタを組み込む
  • 睡眠追跡装置やアプリを過信しない
  • 睡眠障害の治療を受ける
  • チーム全体で睡眠の確保に取り組む

睡眠は「怠慢」ではなく、健康への「投資」であり、人生を豊かにするための「権利」であり、社会人としての「責任」です。
睡眠時間を犠牲にして仕事や娯楽を増やせば、一時的には心が満たされたとしても、その後に大きな損失がもたらされることになります。
しかも、睡眠不足で失われるのは、命という、一度失えば二度と取り戻せない最も重要なものかもしれません。

休息を十分に降りましょう。