政府・自治体からのお知らせ過労死・働き方改革

【厚労省】「裁量労働制実態調査」結果

裁量労働制 長時間労働 働き方改革

【厚労省】「裁量労働制実態調査」結果
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_19508.html

厚生労働省は、「裁量労働制実態調査」の結果を取りまとめ公表しました。

 「裁量労働制実態調査」は、裁量労働制の制度の趣旨に適った対象業務の範囲や働く方の裁量と健康を確保する方策等についての検討に資するため、専門業務型及び企画業務型それぞれの裁量労働制の適用・運用実態や裁量労働制の適用・非適用による労働時間の差異等を把握することを目的としたものです。

調査結果のポイント

適用事業場調査

(1)適用労働者がいる適用事業場における1か月の労働時間の状況の平均(1人当たり)は171時間36分、1日の労働時間の状況の平均は8時間44分、1か月の労働日数の平均(1人当たり)は19.64日である。
(2)裁量労働制に対する意見別事業場割合は、専門型裁量労働制の適用労働者がいる適用事業場においては、「特に意見はない」(39.5%)が最も高く、次いで、「今のままでよい」(37.9%)、「制度を見直すべき」(15.8%)である。企画型裁量労働制の適用労働者がいる適用事業場においては、「制度を見直すべき」(39.7%)が最も高く、次いで、「今のままでよい」(33.9%)、「特に意見はない」(23.8%)である。

非適用事業場調査

(1)非適用事業場における1か月の労働時間の平均(1人当たり)は169時間21分、1日の労働時間の平均は8時間25分、1か月の労働日数の平均(1人当たり)は20.12日である。
(2)裁量労働制に対する意見別事業場割合は、専門型裁量労働制対象業務従事労働者がいる非適用事業場においては、「特に意見はない」(55.1%)が最も高く、次いで、「分からない」(19.3%)、「今のままでよい」(15.7%)である。企画型裁量労働制対象業務従事労働者がいる非適用事業場においては、「特に意見はない」(51.9%)が最も高く、次いで、「分からない」(19.0%)、「今のままでよい」(17.5%)である。

適用労働者調査

(1)適用労働者における1週間の平均労働時間数は45時間18分、1日の平均労働時間数は9時間0分、1週間の平均労働日数は5.03日である。
(2)適用労働者における健康状態の認識状況別労働者割合は、「よい」(32.2%)が最も高く、次いで、「ふつう」(29.4%)である。
(3)適用労働者における裁量労働制が適用されていることに対する満足度別労働者割合は「満足している」(41.8%)が最も高く、次いで、「やや満足している」(38.6%)である。
(4)裁量労働制に対する意見別労働者割合は、専門型裁量労働制の適用労働者では、「今のままでよい」(33.0%)が最も高く、次いで、「特に意見はない」(28.8%)、「制度を見直すべき」(28.3%)である。企画型裁量労働制の適用労働者では、「今のままでよい」(41.0%)が最も高く、次いで、「特に意見はない」(26.4%)、「制度を見直すべき」(26.0%)である。

非適用労働者調査

(1)非適用労働者における1週間の平均労働時間数は43時間2分、1日の平均労働時間数は8時間39分、1週間の平均労働日数は4.97日である。
(2)非適用労働者における健康状態の認識状況別労働者割合は、「ふつう」(33.8%)が最も高く、次いで、「よい」(30.0%)である。
(3)裁量労働制に対する意見別労働者割合は、専門型裁量労働制対象業務従事労働者では、「特に意見はない」(35.0%)が最も高く、次いで、「制度を見直すべき」(25.2%)、「今のままでよい」(19.7%)である。企画型裁量労働制対象業務従事労働者では、「特に意見はない」(34.7%)が最も高く、次いで、「制度を見直すべき」(23.8%)、「今のままでよい」(21.4%)である。

【事業場調査】
適用事業場における月平均労働時間は171時間36分、1日平均労働時間は8時間44分、月平均労働日数は19.64日。
非適用事業場における月平均労働時間は169時間21分、1日平均労働時間は8時間25分、月平均労働日数は20.12日。
つまり、裁量労働制適用事業場は、非適用事業場よりも長時間労働。
【労働者調査】
適用労働者の週平均労働時間数は45時間18分、1日平均労働時間数は9時間0分、週平均労働日数は5.03日。
非適用労働者の週平均労働時間数は43時間2分、1日平均労働時間数は8時間39分、週平均労働日数は4.97日。
つまり、裁量労働制適用労働者は、非適用労働者よりも長時間労働。
—–
かねてより長時間労働の温床となる可能性が指摘されていた裁量労働制の実態が浮き彫りとなりました。
企業都合で(抜け穴的に)利用されるのは望ましくありません。