業務分野

ダイバーシティと危機管理

労働力不足による北海道経済の衰退は待ったなしの危機的状況にあります。
外国人や女性を始め、職場の人材の「多様化」を進めるためには、これまでの「長時間労働」「サービス残業」「根性論」等による働き方を見直し、高齢者、障がい者、病気や育児、介護との両立を望む人材も不自由なく柔軟に働ける体制作りが不可欠です。
しかし、多様化が進み人材が流動的になると、企業側も従業員側も、倫理意識を高水準で維持することが難しくなります。
事実、セクハラやバイトテロ、飲酒や不倫問題等で世間を騒がせ企業の信頼を失墜する事態が後を絶ちません。
ダイバーシティマネジメント(多様化)を進め人材を確保しつつ、質も維持し企業価値及び社会的信頼を高めていくには、徹底した危機管理と改革が必要です。「多様性」と「危機管理」を軸に、コンサルティングとアウトソーシングサービスを提供し、組織・企業の発展を支援いたします。

外国人の採用・雇用管理・活躍推進・危機管理

外国人労働者の増加、必要性の高まりに、中小企業はどう対応すればよいのでしょうか。 初めての外国人採用や雇用管理、育成における注意点等をアドバイスする他、就業規則・雇用契約書・労働条件通知書・誓約書・身元保証書等の作成代行、採用試験(テスト)の企画・作成代行、採用面接への同席、外国人労働者の生活サポート、マナー及びルール教育などにより、中小企業の外国人採用・雇用管理をサポートしています。
また、外国人労働者の社外メンター(相談役)も担います。母国を離れ異国の地で働く外国人労働者は孤独と不安で甚大なストレスを抱えています。彼らの不安を和らげ、長く、戦力として活躍し続けてもらえるように、社外から彼らを支えます。

女性の活躍推進・健康課題への対応

性別に関係なく活躍できる社会が実現されていれば、本来、「女性活躍推進」や「働く女性」などの言葉が存在すること自体がナンセンスなのですが、残念なことに、まだまだ男女が平等で公平とは言えない社会であるが故に、女性の活躍と雇用について、今後も特別な支援が必要とされます。
男女は同一ではありませんが、生物学的な「違い」以外の不条理な「差別」はあってはなりません。仕事上の能力や性格は、性差ではなく「個体差」で捉えるべきです。
もちろん、生物学的な「違い」、すなわち体力面や健康課題における「差」には配慮しなければなりません。
こうした、男女の差を尊重しつつ無意味な差別をしないこと、を前提とした女性活躍推進を弊社では推奨しています。
「女性の活躍を進めたいのだけれどもどうして良いかわからない」
「何がセクハラに当たるのかわからず女性従業員と接するのが怖い」
「出産や育児などのイベントにどう対応すれば良いか知りたい」
など、これから女性を積極的に登用したい企業様、女性のマネジメントに不慣れな企業様をサポートしています。

外国人客向けサービス企画

日本を訪れる外国人観光客は年々増加していますが、日本は外国人にとって「親切な国」とは言えません。
看板やメニュー表などの表記の仕方、サービスの提供の仕方、声掛けの仕方など、外国人にとって「ありがたいお店」になるためには工夫が必要です。
外国人がたくさん訪れてくれる、訪れた外国人が喜んでくれる、サービスや商品の企画・開発、宣伝、ブランディングなどをサポートしています。

個人顧問・相談(経営者・管理職・転職希望者・フリーランサー)

経営者や管理職、転職希望者やフリーランサーなど、良いイメージとブランド力を維持していることが求められる立場の方々の、危機管理やブランディング、ビジネス全般をサポートいたします。

講演・研修

人材確保・人材育成・定着・働き方改革等「人材」分野の講演・研修を全道・全国で行っています。
民間企業はもちろんのこと、業界団体、放送協会、自治体や行政機関などの公的機関からも多くのご依頼をいただいております。
講演テーマや講演料等はこちらをご参照ください。

対応エリア

日本全国

  • 北海道全域
  • 東京・大阪・名古屋・福岡・仙台等全国主要都市
  • 日本全国、小さな村でも、過疎地域でも

※旅費交通費はお客様のご負担となります。予めご了承ください。
※飛行機、JR(指定席)、タクシー(又は送迎車)で到達でき、かつ旅費交通費をご負担いただける企業様・自治体様に限らせていただきます。
※バスは、他の手段がない場合のみ利用いたします。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る