ペイシェントハラスメント予防策(3)ー警備員の配置の充実・病院職員との連携促進等

警備員の配置

安全管理に関する病院の基本的な考え方に基づき、警備員の配置範囲を設定し、配置します。
「指針の整備」における「情報収集と分析」で、特に発生頻度が高いと分析された場所、時間帯に警備員を配置するのが望ましいです。

職員との連携

配置にあたっては業務内容を確認し、職員との役割分担・連携を安全管理に関する定例会議等によって密にします。

警察OBの活用

病院に警察OBを渉外・警備担当として配置します。
警察OBは、防犯訓練の実施についても的確が助言を与えてくれる可能性があるため、積極的な活用が望まれます。

警察との連携

警察と日頃より連携をとり、ホットラインの導入が可能かどうか確認します。

(参照)厚生労働省資料『医療機関における安全管理体制について』(平成18年9月25日医政総発第 0925001号)
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/i-anzen/hourei/dl/060925-1a.pdf

ケンズプロへのお問い合わせ
料金表
finger-2956974_1920
ケンズプロがサポートします
お問い合わせ・ご依頼・ご相談
technology-3378259_1920
料金表
ハラスメント等情報提供ポスト
情報提供ポスト
ハラスメントや法令違反・倫理違反等に関する情報をお寄せください!
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
finger-2956974_1920
technology-3378259_1920
ハラスメント等情報提供ポスト
previous arrow
next arrow
Shadow